【課金しちゃうの?】パズドラで魔法石を購入するときの注意点まとめ

魔法石を購入する際に注意する点として、このタイミングで本当に購入してもいいのかを、一度考えるという事も大切になります。

 

魔法石を使えばレアガチャを回す事も出来ますし、スタミナが無くなった際には回復する事もできますので、スムーズにゲームを進めていくことが出来ます。

 

しかし、パズドラのゲームを進めていくと必ず必要となる時があり、ついつい使ってしまい、気が付けばあっという間になくなってしまうものです。

 

購入するには、iTunesのカードや、GooglePlayカードを買って、課金をする必要がありますが、ゲームに熱狂して、すぐ購入というよりは、購入する際に、良く考えてから購入を検討します。

 

なぜならば、結局、使い切ってしまい無くなってしまえば、購入しなくてはいけません。パズドラ運営局側ではゲームに興奮して買いすぎに注意する為に魔法石を購入するには、未成年者の場合は保護者が安心してゲームを利用できるように、年齢別の購入制限があります。

 

その為、16歳未満の方は1ヶ月5,000円まで、16歳から19歳の方は1ヶ月20,000円まで、20歳以上の方は購入制限はありませんが、未成年者の場合は一ヶ月あたりの購入上限を金額を設けているのです。

 

いくら課金制限を設けているからといっても、16歳未満での5000円という金額はとても大きい金額ですし、16歳になると20,000円まで購入できますが、年齢の割には高い金額です。

 

ゲームですからついつい熱くなってしまいますが、パズドラの課金をする際には、金額の上限がありますが熱狂してあまり暑くならないように購入には注意して下さい。

 

パズドラファンならば、魔法石は喉から手が出る程欲しいという気持ちはわかります。

 

しかし、課金しないで遊ぶという方法も一つあります。ダンジョンを進めていくとなかなか倒せない敵にぶつかるときがありますが、パズドラの初めのダンジョンは、敵もあまり強くないので、ステージを進める事ができます。

 

ステージをクリアできれば、魔法石をもらう事が出来ますので、コツコツ溜めていざという時に使うのも手段です。

 

また、毎日ログインするとボーナスがもらえる事がありますので、魔法石が欲しい場合は、購入するというやり方もありますが、溜めるという事も一つのやり方ですので、

 

未成年の場合は楽しくゲームを進めれる様に購入する際には、保護者の許可をとってから購入する様に注意します。